トップページ »  田内屋の豆腐作り » 素材のこだわり

田内屋の豆腐作り

素材のこだわり

信州産大豆 ナカセンナリ

写真:信州産大豆 ナカセンナリ

長野県中信農業試験場(塩尻市)が、『ほうじゃく』と『ネマシラズ』を掛け合せて開発した、豆腐・味噌加工に適した大豆。
長野県の大豆作付け面積の約60%を占める主要認定品種。
長野県内でも中信地方での作付けが多い品種です。

北アルプスの伏流水

写真:北アルプスの伏流水

地下50mから汲み上げる北アルプスの伏流水のみを使用しています。
年間を通じて12℃~13℃を保ち、ほぼ中性の豆腐作りに適した水です。
29項目にわたる水質検査を実施し、安全性の確認をしております。

沖縄産 天然にがり

写真:沖縄産 天然にがり

基本となるにがりは、沖縄の粗製海水塩化マグネシウムです。
商品ごとにアレンジを加え、味や硬さにオリジナル性を出しています。

田内屋オリジナル「五代目 七五郎」

厳選された材料で丹念に作られた田内屋オリジナル『五代目 七五郎』シリーズは、豆腐は絹と木綿、油揚げ、生ゆば、味噌漬け豆腐、がんもどきをご用意しています。
ナカセンナリだから出せる、心地いい甘みと風味、食感を感じていただけると、自信を持ってご紹介いたします。

⇒『五代目 七五郎』の詳細はこちら

写真:田内屋オリジナル「五代目 七五郎」