トップページ »  田内屋の豆腐作り

田内屋の豆腐作り

田内屋の豆腐作り

写真:田内屋の豆腐作り

田内屋は365日、休まず製造しています。
機械で作る豆腐もあれば、ひとつひとつ作る豆腐もあります。形も様々です。大豆は生き物、天気は気まぐれ、職人は日々精進。

何が大切か...
豆腐は地域色が色濃く出る伝統食品です。木綿、絹ごし、おぼろ等々、好みだって十人十色。広く全国でお客様に支持されるお豆腐を作ることは非常に難しいことです。
大切なのは田内屋の味を変えぬこと。365日豆腐作りをすれば、365通りの豆腐が出来ます。大豆は生きていますし、天気によって工房の温度も変化します。機械や技術がどんなに進歩しても『均一』にはとても神経を使います。田内屋の豆腐が美味しいと思ってくださるお客様の為にも、日々変わらぬ田内屋の味をお届けすることが一番大切だと考えています。

そのために私どもは、大豆を通年定温保管し、年間13℃前後を保つ井水を使って定温庫で仕込(大豆浸漬)をしています。

大豆は長野県産大豆と輸入大豆を扱っています。輸入大豆に関しては、アメリカ・カナダ・オーストラリア産のNON-GMO(遺伝子組み換えをしていない)大豆で、流通履歴と残留農薬検査資料の整うものを使用しています。
井水は北アルプスの伏流水で、飲用としてもとても美味しい水です。29項目の水質検査を実施し、安全性、豆腐加工適正の確認をしております。
凝固剤は塩化マグネシウム100%、粗製海水塩化マグネシウムの2種類のにがりをベースに、商品毎にブレンド、添加量設定をしています。

個々の豆腐がそれぞれ個性を持たなければなりませんし、豆腐の個性がそれぞれ田内屋の顔でなくてはいけません。お客様のお気に入りの味をいつも変わらずお届けする。それが田内屋の豆腐作りです。

写真:田内屋の豆腐作り 写真:田内屋の豆腐作り