トップページ »  俺、豆腐 » 田内屋社長のブログ » 2013年09月 » 大豆畑で枝豆を食う

俺、豆腐

田内屋社長のブログ

大豆畑で枝豆を食う

IMG_1885[1]

枝豆とは?

未成熟の大豆を指す。

 

登熟して一定基準まで乾燥し、丸く硬い状態の物が一般的に大豆と呼ばれる。

 

品種は様々であるが、要するに豆腐・納豆・味噌に使用される大豆の幼少期の物を食べるIMG_1888[1]のだ。

 

今日はその枝豆を畑で収穫して、その場で茹でて食べてみようという試みを実施した。

大豆の生産現場を知ってもらい

大豆生産者の苦労を知ってもらい

大豆の美味さを知ってもらい

とれたての良さを知ってもらい

地元IMG_1890[1]の農産物に目を向けてもらうためだ

そして少しだけ田内屋のことを知ってもらうため

 

募集にお応えいただいたお客様に加え、地元の障害者支援施設の入居者の方々を特別招待した。

 

 

 

一番下の写真は、地元大豆について研究をしている中学生。大豆を取り巻く様々なことを学び、地元産大豆の消費拡大を考えてきた子達が、ついに生産現場に乗り出してきた。なんとも嬉しいかぎりである。

 

一年中、スーパー、コンビニ、居酒屋に行けば枝豆は食える。炎天下で土に塗れて不揃いな豆を1個ずつ木からもがなくても、枝豆は食える。保存技術が進歩しているから当然である。塩味の効いた簡単便利な枝豆を食えば良い。

だが、簡単便利の裏で、どれだけのことが端折られていて1パック150円なのか…

知っていても損は無い。

どれほどの苦労や無駄が介在するのかを知れば、食材の見方が変わるだろう。

本当の味を知れば、何が枝豆か、それぞれの感じ方も変わるんだろう。

 

本来の枝豆とは?

未成熟の大豆をみずみずしいうちに茹で、粗塩を軽く振って、熱いうちに食べる物を指す。

 

また企画します(^-^)

← 前の記事
「大晦日」

次の記事 →
「豆腐屋の3年間」

田内屋オリジナルブランド豆腐 五代目七五郎
お豆な通信
俺、豆腐(ブログ) お豆腐レシピ