トップページ »  お豆腐レシピ » 2013年03月 » おからのサモサ

お豆腐レシピ

お豆腐レシピ

おからのサモサ

春眠暁を覚えずとは言いますが、春は何かと事始めの季節でもあります。
身体も内側から目覚めさせたいものですね♪
そんな季節にぴったりの、スパイシーな一品をご紹介します。


◇材料 4人分◇

田内屋の生おから・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
豚ひき肉・・・80g
しょうが・・・1かけ
塩、コショウ・・・少々
カレー粉・・・大さじ1
ケチャップ・・・大さじ2
サラダ油・・・大さじ1
牛乳・・・大さじ1~3(水分調整用)
春巻きの皮・・・6枚
小麦粉・・・大さじ3
水・・・大さじ3

samosa1303-1

 


 

◇ 作り方 ◇

(1)
玉ねぎとしょうがはみじん切りにする。
samosa1303-2

 


 

(2)
フライパンにサラダ油を熱し、しょうがと玉ねぎを炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、豚ひき肉を加え、さらに炒める。
samosa1303-3

 


 

(3)
カレー粉、ケチャップ、塩、コショウを加えて混ぜ、おからを加えてさらに炒める。パサつくようならば、牛乳を加えてしっとりまとまる程度に水分を調節する
samosa1303-4

 


 

(4)
春巻きの皮を2等分に切る。小麦粉を水で溶いて、糊を作っておく。
samosa1303-5

 


 

(5)
切った春巻きの皮を、端から三角形になるように2回折りたたみ、水で溶いた小麦粉を皮の端に塗って留める(図のオレンジの部分)。
できたポケットの中に(3)のおからを適量詰める。
巻き終わりにも水で溶いた小麦粉をぬって、中身が出ないようにしっかりと留める。
samosa1303-6
samosa1303-7
samosa1303-8
samosa1303-9

 


 

(6)
170℃の油でキツネ色になるまで揚げる。

 


 

野菜と一緒に食べるとおいしいです♪
春に採れる食材の代表『山菜』などは、体を目覚めさせるものが多いです。
冬の間に眠っていた細胞を起こしてくれそうです。
同様の効果があるスパイスも身体に元気チャージをしてくれます。
カレーのピリッとしたスパイスを食べて、元気一杯に新しい季節を迎えてください。

ほぼグルメライター ぴあんのススメ

田内屋オリジナルブランド豆腐 五代目七五郎
お豆な通信
俺、豆腐(ブログ) お豆腐レシピ